ここから本文です。

トップページ 暮らし・手続き 届出・証明書 申請書に住所・氏名などを印字する「申請書作成支援システム」を導入しました

申請書に住所・氏名などを印字する「申請書作成支援システム」を導入しました

令和6年2月1日より、住民票などの申請書に住所・氏名などを印字する申請書作成支援システムを窓口に導入しました。
マイナンバーカードをご提示いただければ、カードに格納されている住所・氏名・生年月日・性別の情報を読み取り、申請書に必要事項を印字してお渡しします。
申請書の手書き部分の記入の負担を減らすことができますので、来庁する際にはマイナンバーカードをお持ちになり、ご利用ください。

対応している手続き

 ・住民票、戸籍証明書、印鑑登録証明書、税証明などの交付申請
 ・転入、転出、転居
 ・国民年金(資格取得・喪失など)
 ・マイナンバーカード(電子証明書の更新など)
 ・児童手当
 ・粗大ごみ
 ・子ども医療費
 ・介護保険
 ・後期高齢者医療  など

申請書作成支援システム設置窓口

 ・住民福祉課
 ・総務課税務室
 ・保健医療課

注意事項

 ・すべての手続きには対応しておりませんのでご了承ください。
 ・署名が必要な書類には、ご記入をお願いいたします。

 ・運転免許証でも利用できますが、暗証番号1が必要になります。また、性別の情報は印字されません。
 ・マイナンバーカードで利用する場合は暗証番号は必要ありません。

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0136-46-3131(代表)

ここからフッターメニュー

ページの先頭へ戻る