ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

秋の輸送繁忙期の交通安全運動

 後志総合振興局管内の地域・職域運動として、秋の輸送繁忙期の交通安全運動が始まります。
 この季節は、各種産業活動が活発になり、貨物輸送が増加するなど交通量が増えます。
 時間と心に余裕をもって、安全運転を心掛け、急加速、急ブレーキ、あおり運転など危険な運転はやめましょう。特に、カーブ、下り坂及び橋におけるスピードの出し過ぎはとても危険ですので、速度を落として走行しましょう。
 また、夕暮れが早まることから歩行者(特に高齢者)に薄暮時における事故が例年多発しています。
 各地域・職域において創意工夫をこらした運動を展開し、道民の交通安全意識を一層深め、正しい交通ルールとマナーの実践を呼びかけて輸送が繁忙となるこの時期の事故を未然に防止することを目的として交通安全運動が行われます。

 運転者は思いやりとゆずり合いの気持ちを持って、速度を守り、安全運転を心掛けましょう。また、後部座席を含め、全員がシートベルト・チャイルドシートを正しく着用しているか確認しましょう。
 みんなで安心安全なまちを目指しましょう。

秋の輸送繁忙期の交通安全運動実施期間  10月17日(日曜日)から10月26日(火曜日)まで
 
(運動の重点)
・過労・過積載・暴走行為運転の防止
・子どもと高齢者の交通事故防止
・夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故場防止
・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
・飲酒運転の根絶(飲酒運転をしない・させない・許さない)

※デイ・ライト(昼間点灯)運動通年実施中
 ライトを点灯することで、自らの交通安全意識を高める。
 ライト点灯車両の存在、位置等を相手に認識してもらう。

 ↓下のチラシをクリックするとPDFファイル(268KB)に移動します。
  ※チラシの裏はこちら(PDFファイル:376KB)

 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー