ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

留寿都村放課後等まなびサポート事業について

〇公民館は、感染防止対策を行いながら住民の方に引き続きご利用いただいております。まなびサポートの学習室も同様に消毒、換気等の感染防止対策を行っておりますので利用いただけます。利用される方については入館前の消毒や検温、体調不良の時は利用しないなど感染防止の対策をお願いします。

児童・生徒の放課後等の学習(放課後や学校の休業日に学校以外の場所で行う個別学習)の支援を行い、学習習慣の定着や学習水準の底上げを図り、また、都市部との教育格差の解消を目的として、留寿都村教育委員会が主留寿都村放課後等学習支援事業「まなびサポート」が令和3年度からスタートしました。
 
留寿都村放課後等学習支援事業「まなびサポート」(チラシ PDF 446KB)

この事業を実施するため、公民館2階のホールや会議室を改修し、児童生徒が放課後に学習できるスペース28席を設置しました。
 
対象者    村内に在住又は村立中学校に在籍する中学生
        ※小学校高学年が利用できるように検討中です。
場 所    留寿都村公民館2階 
利用料    無料
座席数    28席
通信環境   公民館には無料のWi-Fiを整備しています。
        ※タブレットなどを持参し使用できます。
備品     インクジェットプリンター、机、いす、デスクライト
利用日時   月曜日から金曜日まで (登校日)15:30から20:30まで
                  (休校日)09:00から20:30まで(長期休業を含む)
       土曜日から日曜日まで      09:00から17:00まで
利用不可   毎月第2月曜日、国民の祝日、12月31日から翌年1月5日までは利用できません。   

利用案内   詳しくはこちらをご覧ください。

学習室の利用に係る利用申請について

 学習室を利用するにあたり、利用申請を行う必要があります。手続きは簡単ですので、まずはいつでも利用できるように保護者による利用申請をメール又は教育委員会窓口に提出をお願いします。

 〇放課後等学習支援事業「まなびサポート」実施要領(PDF 243KB)

 〇放課後等学習支援事業利用申請書(第1号様式)(word 15KB)
 
 〇申請書の提出は、こちらのメールアドレスをご使用ください。
  

学習室では、学習支援員が無料で学習をサポートしています

 これまで、村内には民間の学習塾などがないことから家庭における学習が主な学習方法ではなかったでしょうか。今回、地域における教育格差を解消するために学習室に学習支援員を設置し児童・生徒の学習の支援を行っています。次の日程で学習支援員がおりますので、ぜひご利用ください。
 
 〇 月曜日、水曜日、金曜日(15:30から17:00まで) 教育員会職員(社会教育推進事務託員)
   教科:英語
 〇 火曜日、木曜日(15:30から17:00まで) 北海道大学 学生(オンライン通信による支援)
   教科:国語、数学、英語、理科、社会
 〇 土曜日、日曜日  学習支援員は在勤していません。
 

小学生を対象とした「夏休みまなびサポート」を実施しました

 この事業は、中学生を対象としていますが、小学生5年生から6年生を対象とした「夏休みまなびサポート」を2日間実施しました。期間中、参加してくれた児童は夏休みの宿題やタブレットを持参し、学習支援員に分からないことを聞きながら勉強していました。
 



 
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー