ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

留寿都村職員の新型コロナウイルス感染症の感染事案の発生について(その2)

職員の感染事案の発生について(1月24日発表)

1月23日発表情報からの引き続き

 令和3年1月23日(土曜日)、留寿都村役場庁舎勤務の企画観光課職員1名が新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

概要

1.年代:40代
2.性別:男性
3.居住地:留寿都村
4.経過、症状等
 1月18日(月曜日)発熱
 1月19日(火曜日)熱なし。通常勤務
 1月20日(水曜日)熱なし。通常業務
 1月21日(木曜日)発熱、倦怠感
 1月22日(金曜日)発熱、倦怠感
 1月23日(土曜日)発熱、倦怠感(午前に陽性と判明)
 1月24日(日曜日)発熱、倦怠感
※1月19日及び20日の勤務時には、職員は常時マスクを着用し、手指消毒を実施しています。
 また、両日とも業務上住民の方と直接の接触はありません。

5.感染経路
 不明

6.その他
 同居家族:なし
 濃厚接触者:濃厚接触者が特定され、検査を実施しております。

対応

 ・ 
・1月24日(土曜日)午後から役場庁舎内全面の消毒作業を実施しました。
・感染者及び濃厚接触者については、保健所によりPCR検査を行っておりますが、濃厚接触者とならなかった役場庁舎内で勤務する全職員(40名)についても、念のためPCR検査を実施することとし、1月24日(日曜日)午前から順次PCR検査を行っています。

 

    その他

   
1.患者、その家族、関係者の人権の尊重、個人情報保護に特段のご理解とご配慮を切にお願いします。
2.1月25日(月曜日)以降の役場庁舎の窓口対応については、決まり次第追ってお知らせします。
 また、役場庁舎以外の公共施設については、通常通り開庁することとしております。
3.村職員には改めて健康管理・健康観察の徹底について通知し、引き続き、勤務内外を問わず感染防止に努めてまいります。


お問い合わせ先

総務課
電話:0136-46-3131(代表)

暮らしの情報トピックス

  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー