ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

地域おこし協力隊員を募集します

~留寿都村では『地域おこし協力隊員』を募集しております~

 
 

 

道の駅「230ルスツ」をステージとして
アイデアで産業を盛り上げ留寿都を元気に!

留寿都村は、北海道の南部、後志管内の南に位置し 村の中心を札幌から洞爺湖温泉に向う国道230号が貫き 北側には羊蹄山がそびえ、周囲を山に囲まれた高原となっており農業と観光を基幹とする自然豊かな村です。

北海道でも屈指の規模を誇るスキー場やレジャー施設が立地しており、国内外から年間約160万人の観光客が訪れる国際リゾート地でもあります。

しかし、近年人口減少や高齢化の進行が著しく、商工業の衰退等により地域の産業構造が変化しつつあります。

そこで、ぜひあなたの経験やアイデアを活かして頂き既に地域おこし協力隊として活躍している先輩と共に農業と観光・商工業が連携したバランスあるまちづくりを実現していきましょう!
参考  総務省 地域おこし協力隊ページ (外部リンク)
参考  JOIN(移住・交流推進機構) 地域おこし協力隊ページ (外部リンク)
 

1. 募集人員

地域おこし協力隊員 2名

2.活動内容

 本村では、農業と観光・商工業が連携したバランスあるまちづくりを目指し、地域外からの人材や新たな発想・能力を積極的に誘致し、地域の活力を喚起し、その定住を図り地域力の維持・強化に資するため、「地域おこし協力隊員」を募集します。

「留寿都まちづくり塾」の塾生として、村おこし事業のリーダー養成になるべく研修を中心とした活動を行っていきます。
塾卒業後は、起業・就業を目指す意欲溢れる方からのご応募をお待ちしております。

3.募集対象

 学歴不問
◆要普免◆第二新卒・未経験者歓迎◆地域住民と協力しながら意欲的に活動できる方
【具体的には】
◆パソコン操作(メールの送受信、SNSによる情報の発信など)ができる方
◆協調性・社交性があり、誰とでも気さくに話せる方
◆採用後、留寿都村に生活拠点を移し、住民登録できる方
◆活動期間終了時に留寿都村において起業・就業して定住する意欲のある方歓迎
 

4.勤務条件

(1)雇用契約はありません、村からの委嘱状による任命となります。
(2)休日・休暇 週5日勤務(週40時間内での活動) 

5.待遇等

(1)月額 200,000円(週5日の活動の場合 月末締め翌月10日払い 源泉徴収有り)
(2)活動期間中、月額50,000円を上限に住居費を支給します。
(3)活動車両は、自家用車を持ち込みください。月額15,000円を借上料と燃料費として支給します。
(4)活動用のパソコンは、自己所有物を使用下さい。月額5,000円を借上料として支給します。
(5)留寿都村との雇用契約は無いため国民健康保険税などの税金、介護保険料、年金保険料などは自己負担となります。
(6)その他賞与・着任等の手当についてはありません。
(7)住宅については物件情報についてご紹介をしますが、契約などは個人での手配となります。

6.応募方法

(1)申込受付期間

   平成29年5月1日(木曜日)から平成29年6月5日(月曜日)まで
(2)応募受付

  WEB応募か電話応募で受け付けております。
 ◆WEB応募の場合

   はたらいく応募フォームから必要事項を入力して送信してください。
   後日合同会社北海道観光まちづくりセンターからご本人へ確認の連絡をします。
   
応募フォーム:はたらいく応募フォーム(外部リンク)
  ◆電話応募
     下記番号までご連絡の上、履歴書(写真貼付)をご郵送ください。
     履歴書にはE-mailアドレスを明記ください。(携帯電話のメールアドレス不可)

 

  【応募書類送付】 
    〒060-0042
    北海道札幌市中央区大通西1丁目14-2桂和大通ビル50 9 
    合同会社北海道観光まちづくりセンター 担当:森
    問合せTEL011-252-2118

7.選考方法

選考では、以下のようなプロセスを予定しております。 

書類選考 
↓ 
■Web
テスト 
↓ 
面接 
↓ 
内定 

応募書類等は返却しません。その旨ご了承下さい。


お問い合わせ先

北海道観光まちづくりセンター 留寿都村 地域おこし協力隊 採用事務局 TEL:011-252-2118

企画観光課商工観光係 TEL:0136-46-3131
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー