ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

留寿都村農業委員会委員の欠員補充に係る推薦・募集について

 平成27年9月4日に「農業委員会等に関する法律」が改正されたことにより、農業委員の選出方法が、公職選挙法に基づく選挙制度から村長が議会の同意を得て任命する方法に変更されました。
 農業委員の任命については、あらかじめ地域の農業者や農業団体等から推薦していただくと同時に、農業者にこだわらず、広く一般に公募することとなり、その結果により村長が任命するしくみとなっております。
 つきましては、留寿都村農業委員会委員の欠員補充をすることになりましたので、農業に関する識見を有し、農地等の利用の最適化の推進に関する事項及び農業委員会の所掌に属する事項に関し、その職務を適切に行うことができる方の推薦又は応募を行います。
 具体的な業務と募集方法につきましては、次のとおりです。

1 農業委員会委員の業務

(1) 農地法等の権限事務について、審査及び決定を行います。

・農業委員会総会、研修会等に出席し、農地法等の権限に属された事項の審議を行います。

 (2)農地等の利用の最適化の推進を実施します。(担い手への農地利用の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消、新規参入の促進)

 (3)法人化その他の農業経営の合理化に関する事務を実施します。

 (4)農業一般に関する調査及び情報の提供の事務を実施します。

 (5)農地利用最適化推進委員の業務を兼務します。(担当区域において、担い手への農地利用の集積・集約化、耕作放棄地の発生防止・解消等の地域における現場活動)

 

2 推薦及び応募について

(1) 地区・全域からの推薦

・農業者等3名以上が連名し、代表者が文書をもって推薦します。

 (2)団体からの推薦

   ・農業者の組織する団体等の代表者が文書をもって推薦します。

 (3)一般応募

   

3 推薦・応募の農業委員数

  1

 

4 推薦・応募の資格

(1) 留寿都村に住所を有する者を基本に、村外に住所を有する者も妨げない。

(2) 年齢は20歳以上・性別は問わない。

(3) 留寿都村が設置する他の付属機関等の委員でない者

(4) 留寿都村の職員でない者

※以下の方は推薦及び応募ができません。

・破産手続開始の決定を受けて復権を得ない者

・禁固以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの

   

5 提出書類


 該当する次の書類に住民票の抄本を添付し、必要事項を記載して、留寿都村農業委員会事務局へ提出してください。

・推薦の場合:留寿都村農業委員会委員候補者推薦書(別記第1号様式)(PDF:68KB)
・応募の場合:留寿都村農業委員会委員候補者応募申込書(別記第2号様式)(PDF:58KB) 
  
 ※書類の請求については、農業委員会事務局にご連絡いただくか、もしくは、留寿都村ホームページからダウンロードしてご利用ください。
 

6 書類の提出先

 

  〒048-1731 虻田郡留寿都村字留寿都175番地 留寿都村農業委員会事務局

 

7 推薦・応募の期間

  平成30年4月5日(木曜日)午前845分から、平成30年5月7日(月曜日)午後530分までに必着

 

8 選任方法

  推薦・応募の理由、年齢、地域等を考慮し、留寿都村農業委員会委員候補者評価委員会において評価を行い、議会の同意を得て選任いたします。

 

9 農業委員会委員の任期

  村長が任命した日から平成32719日まで

 

10 公表 

  推薦・応募された内容は、募集終了後に留寿都村ホームページ等にて公表しますの
 で、あらかじめご了承ください。(公表内容:推薦者名、応募者名、職業、年齢、経 
 歴、農業経営規模、推薦・応募理由等)

11 お問い合わせ

 〒048-1731 虻田郡留寿都村字留寿都175番地 留寿都村農業委員会事務局(留寿都村
 役場内)

    電話:0136-46-3131

     FAX0136-46-3545

   メールアドレス:s-noui@vill.rusutsu.lg.jp
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー