ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

留寿都村新型インフルエンザ等対策行動計画

新型インフルエンザは、毎年流行を繰り返してきたインフルエンザウイルスとウイルスの抗原性が大きく異なる新型のウイルスが出現することにより、およそ10年から40年の周期で発生しています。ほとんどの人が新型のウイルスに対する免疫を獲得していないため、世界的な大流行となり、大きな健康被害とこれに伴う社会的影響をもたらすことが懸念されています。
 また、未知の感染症である新感染症の中で、その感染力の強さから新型インフルエンザと同様に社会的影響が大きいものが発生する可能性があります。
留寿都村においても、これらの感染症から村民の生命・健康を保護するため、国や北海道と連携のもと「留寿都村新型インフルエンザ等対策行動計画」を作成しました。
 
・留寿都村新型インフルエンザ等対策行動計画(PDFファイル:404KB)
留寿都村新型インフルエンザ等対策行動計画(資料)(PDFファイル:257KB)

お問い合わせ先

保健医療課
電話:0136-46-3131(代表)
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー