ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

よくある質問(空き家バンク)

留寿都村はどのようなところですか。 

留寿都村は、札幌市と新千歳空港のどちらからも、車で約1時間30分の場所に位置し、農業と観光を基幹産業とする村です。
気候は、市街地の標高が約300mから400mの間にあることなどから夏は涼しく、冬は道内でも降雪量が多い地域です。道内屈指の規模を持つスキー場では、最高の雪質を味わうことができます。

村で生産される農作物は、馬鈴しょ、アスパラガス、大根、ながいも、スイートコーンなどで、いずれも高い評価を受けています。また、豚肉の生産も大規模に行われています。
観光では、遊園地、ゴルフ場、スキー場、ホテルを持つルスツリゾートが、夏も冬も魅力的な通年型リゾートとして営業しています。
 

村での生活環境が知りたいのですが。 

気候

周囲を山に囲われており、平たん部の標高は300mから400mであるため、内陸型の気候です。冬期間は北西の季節風を受けるため、降雪量が多く積雪は平年で160cm程度まで達し道内でも豪雪地帯となります。初雪は10月下旬頃、雪解けは4月下旬頃となります。年平均気温は6度前後、最高気温は約30度、最低気温は氷点下20度近くとなります。
 

学校、保育所

村には、保育所が1か所、小学校、中学校が各1校ずつあります。(徒歩通学できない児童生徒のためにスクールバスを運行しています。)
また、村立の留寿都高校は、農業福祉科を持つ特色ある学校であり、在学生の介護福祉士試験受験者は、8年連続合格率100%を続けています。
 

病院

村では村立の診療所を設置し、医師2名体制により村民の保健福祉の維持に努めています。救急搬送の必要が生じた場合は、その症状に応じて倶知安、札幌などに搬送されます。
 

上下水道

市街地では、上下水道が整備されています。
 

ガス

プロパンガスの供給となります。
 

観光について知りたいのですが。

村内観光

橇負(そりおい)山からは村内を一望でき、南に洞爺湖、北西に羊蹄山や真狩村方面を望むことができます。また、山頂からは、パラグライダーの体験飛行で羊蹄山や洞爺湖などを空から眺めることもできます。

国道230号線に面した「道の駅230ルスツ」には、地元産の食材を使用したレストランや、新鮮な野菜を購入できる農林水産物直売所があります。道の駅に隣接する「ルスツふるさと公園」には、遊具などを設置したわんぱく広場、デイキャンプ場、フラワー園、市民農園などがあります。道の駅から程近い「ふれあい公園」にはパークゴルフ場(有料)があります。

村内で行われるイベントでは、バーベキューや野菜の販売が行われる「ルスツ産業まつり」(8月下旬)や、歌手の公演の他カラオケ大会などが行われる「ルスツふるさとまつり」(9月上旬)があります。
 

周辺地域への観光

 洞爺湖まで約40分、ニセコアンヌプリのスキー場(倶知安町、ニセコ町)まで約40分、小樽市までは2時間弱となります。(いずれも自動車)


  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー