ここからメインメニュー

メインメニューここまで

サイト内共通メニューここまで

ここから本文です。

社会教育関係事業について

教育委員会では、「生涯学習」「社会教育」の観点に立ち、学びを広め、学びの成果を生かし、潤いのある地域社会づくりを目指すため、下記のとおり各種事業を行っております。(参加案内等、各事業における詳細につきましては、各地区で配布されます連絡員文書等を参照願います。)
※これらの各事業については、年度当初に計画した年間予定であり、今後、開催時期などを変更する場
 合がありますことを予めご了承願います。

乳幼児のいる家庭向け事業

  • 家庭教育講演会
乳幼児期の段階で子どもと接し方や触れ合いづくり等、子育てに関わる学習を支援することを目的に実施している事業です。
 
  • ブックスタート事業
乳幼児検診時に絵本を手渡しすることで、赤ちゃんと保護者が、絵本を通じて、あたたかくふれ合うひと時を持つきっかけづくりを目的に実施している事業です。
 

子ども向け事業

  • 移動図書事業

児童・生徒の読書意識を高めるために、児童・生徒が選んだ公民館図書を学校へ貸し出しを行う事業を実施しています。
 

  • なんでもチャレンジクラブ(月1回基本土曜日)

これからの留寿都を担う子ども達が異年齢集団での自然体験や交流行事等を通して、本村の自然・文化・歴史等に触れ、ふるさと意識を養い、仲間づくりをすすめることを目的に実施している事業です。
 

  • プールバスの運行(7月頃)

自宅が市街から離れている小学生でも、村民水泳プールを積極的に利用してもらうことを目的に、夏休み中、自宅から村民水泳プール間の送迎を行っています。
申し込みは、学校を通じて行います。


  • 夏休みラジオ体操(夏休み中)

夏休み期間中も、規則正しい生活リズムの維持を図るため、留寿都小学校グラウンドにて夏休みラジオ体操広場を開催しています。
お子さんはもちろん、大人の方も参加できます。


  • 養父市ちびっ子親善使節団来村事業(7月頃)

姉妹都市である兵庫県養父市より小学生親善使節団の訪問を受け入れ、親睦行事を通し、本村並びに北海道の自然や歴史を学ぶ機会を提供して、交流の輪を広げる事業です。


  • 生涯学習ふれあいの旅研修事業(8月頃)

広い視野を持った少年・少女活動リーダーを養成するため、小学6年生の希望者が、留寿都村と気候・風土・歴史・文化等の異なる地域(兵庫県養父市等)に行き、経験を広げることを目的に実施している事業です。

  • 青少年リーダー育成事業(8月頃)

青少年活動に必要な知識や技術を習得させ、各種交流を通じて、広域的な視点に立った青少年活動のリーダー養成を支援しています。


  • 芸術鑑賞会(9月頃)

小中学生に少しでも多くの芸術(劇・音楽)に触れる機会をもってほしいという願いから、毎年1回程度、芸術鑑賞会を行っています。

  • 児童生徒作品展(1月頃)

村内の児童生徒が日頃の学習の成果を発表することを目的に、公民館まつりで児童生徒作品展を実施しています。
絵日記・習字・絵手紙・陶芸品等を展示しています。
 

成人向け事業

  • フリープランネットワーク事業(随時)

住民の「学びたい」という自主的な学習活動を支援するため、自主的に企画・実施する学習活動に係る経費等を支援する事業です。
5名以上で企画・運営の計画をたてて、実施の3週間前までに教育委員会にお越しください。申込書や予算書などの書類をお渡しいたします。
 

  • 生涯学習バス運行事業(随時)

10名以上35名以下の団体が、生涯学習を目的として行う視察研修や学習活動に参加するために生涯学習バスを運行しています。
生涯学習バスを利用したい団体の代表者は予約を行いますので、教育委員会までご連絡ください。(日にちの希望にそえない場合もあります。ご了承ください。)
 

  • 学校開放事業(随時)

村民の健康促進及びスポーツの普及のために、夜間(19時~21時)、学校開放を行っています。
利用の際は、申請書の提出が必要ですので、教育委員会までお問い合わせください。
 

  • 武道館開放事業(随時)

村民の健康促進・文化振興及びスポーツの普及のために、武道館の開放を行っています。
利用の際は、申請書の提出が必要ですので、教育委員会までお問い合わせください。
 

  • 生涯学習バスツアー(随時)

村民への芸術鑑賞に係る機会を提供することを目的に実施している事業です。
 

  • 学校支援地域本部事業(通年)

学校・家庭・地域が一体となって地域ぐるみで子どもを育てる体制を整え、地域住民が社会教育活動において学んだ成果を子どもの教育に活かす基盤づくりを行うことにより、地域の教育力が向上し、地域活性化や学校を核とした地域づくりを目指しています。
 

  • 生涯学習情報誌「このゆびとまれ」の発行(月1回程度)

生涯学習情報誌「このゆびとまれ」で、各種事業のご案内、近隣町村の事業案内や新着図書の紹介を行っています。
 

  • 健康スポーツ教室の開催(月1回程度)

村民の健康と体力の維持増進を図るとともに、参加者同士のコミュニケーションづくりの一助となることを目的として、健康スポーツ教室を開催しています。
 

 
  • 村民総合運動場の利用について(5月~10月頃)

村民の健康な心身の発達とスポーツ活動の普及振興及び社会文化の振興を目的に、陸上競技場・野球場・多目的運動広場を設置しています。
利用希望の方は、教育委員会へお問い合わせください。(予約制ですので、日にちの希望にそえない場合があります。ご了承ください。)
また、夜間照明を利用する場合は、ナイター使用料(村民の方:30分270円、村外の方:30分1,080円)がかかります。


  • 村民水泳プールの開放(7月~9月上旬)

村民の健康と体力の維持増進を目的として、夏期に村民水泳プールの開放を行っております。
 

  • 村民ふれあいレクリエーション大会(7月)

社協主催のイベント「るすつふれあい広場」の中で、教育委員会主催の「村民ふれあいレクリエーション大会」を開催しています。
誰でも参加できるミニゲームを企画し、村民のコミュニケーションづくりを図っています。
 

  • ファミリースポーツ事業(9月頃)

子どもから大人まで家族で気軽に参加できるウォーキング等を通して、地域住民の体力づくりと健康保持を図り、自然に親しむ心を育てながら、幅広いコミュニケーションづくりを目的として行っている事業です。
 

  • チャリティーカラオケの夕べ(10月頃)

文化団体連絡協議会の加盟団体が、日頃の練習の成果を発表する場です。
食券販売の売上の約10%を社会福祉協議会に寄付しています。
 

  • 村民スポーツレクリエーション(10月頃)

村民の健康と体力の維持増進を目的として、体育協会主催で行っている事業です。
 

  • 公民館講座

参加者同士のコミュニケーションを図るとともに、本講座で実施した内容を日常生活においても役立てることが可能な学習会を実施しております。
 

  •  室内パークゴルフ事業(11月~3月頃)

村民の冬場の運動不足の解消を図るとともに、村民同士の交流の場として実施しています。
ボール・クラブをお持ちでない方々にも備品の貸出を行っております。
 

  • 公民館まつり(1月)

地域住民の文化の創造を目指し、郷土意識の高揚を図ることを目的に、総合文化祭として実施しています。
児童生徒作品展・芸能発表会・百人一首カルタ大会等の催しや、物品販売を実施しています。


  • 成人式(1月)

留寿都村の子ども達が成人になったことを祝うため、また、大人の仲間入りを自覚するために式典を挙行しています。
 

  • 生涯学習講演会

住民一人ひとりが潤いと生きがいのある生活を営むための一助とするため、各界で活躍している多様な生き方を持つ生涯学習実践者を招き、住民の生涯学習を支援しています。
 

  • 歩くスキー事業(1~3月頃)

冬期間の運動不足の解消を図るとともに、参加者同士のコミュニケーションづくりの一助となることを目的として、歩くスキーの特設コースを設置しています。
2月下旬には、村外の歩くスキーツアーも実施しています。
 


お問い合わせ先

教育委員会
電話:0136-46-3321
  • 前のページに戻る
  • ページの先頭へ戻る

ここからフッターメニュー